THE REASON

シュガーホーム室蘭が選ばれる理由

住宅性能を高めた、四季に心地よい住まいを基本にお客さまの住まいづくりの
願いをかなえます

四季に快適さを生む
ハイレベルな「標準仕様」

東海建設住宅部が住まいづくりで、共通して用いる基本の標準仕様。私たちはそこに、心地よさの原点となる思いを込めました。
その第一は、四季に心地よさを届けるために、室蘭市の気候条件に十分に配慮したうえで選んだ断熱構造です。
中に閉じ込められた空気が夏冬の外気温の影響を受けにくくする発泡ウレタンフォームを断熱材に使用し、一定温度に保たれた室内を実感いただけます。
さらに、トリプルガラスと樹脂フレームを組み合わせた「高性能トリプルガラス樹脂窓」で断熱性能を高めます。
次は無垢の床材。木のやわらかさや温かみを存分に味わっていただくために、さまざまなテイストの無垢フローリングを揃えております。また機能面からも住みやすさを高めるタイプをご用意しております。
3点目は、四方の壁と床、天井の構造を面で造っていく2×6工法。耐震・耐火性能の高さに加え、ここでも断熱性能を高めることで快適さを生みだします。
住宅性能を高め心地よい住まいを基本からつくり上げるハイレベルな標準仕様の価値を、どうぞご実感ください。

住まいづくりの
アドバイザーとして

東海建設住宅部では、よりよい住まいづくりのためにフラットな第三者の視点で助言する“住まいづくりのアドバイザー”としての立ち位置を大切にします。そのうえで、ご家族それぞれの暮らし方や生活パターン、休日の過ごし方、趣味、将来に予想されるご家族の形態の変化などをお聞かせいただき、具体的なプランに反映させます。
また、女性スタッフによる一般的な視点からの意見や、現場で家づくりに携わる職人たちの評価も重視し、お客さまに幸せに暮らしていただくことはもちろん、その家に携わる全ての人々に愛される家づくりを目指しています。
その根底には、お客さまの願いをかなえるために、真っ直ぐに尽くす思いがあります。

3DCG (3次元コンピュータグラフィクス)とVR(バーチャルリアリティ)でご提案

実際にリアルな新居を見学する感覚でプランを眺められる!
私たちは、お客さまのご要望を反映した最初にご提案するプランから、3D CGパースでよりリアルにお伝えし、さらにVR(バーチャルリアリティ)により、ご自分の足で実際に家の中を歩く感覚でご覧いただけるプレゼンテーションを行います。
より現実に近い体験をもとにプランを判断いただき、その場でプラン修正も可能。感動と共にお客さまの理想のプランに近づけます。

高度な社内連携が生む
技術水準の高さ

住宅部の他に土木・建築部門を擁する東海建設の強みは、互いに連携をとりながらそれぞれの領域で他の専門的知識を活かすネットワークをつくりあげていることです。それは、「安全パトロール」と称する安全管理・業務管理の評価を部門相互にチェックし合う体制にも表れています。他部門の文化を知ることは効率向上にもつながり、互いに刺激し合うことで技術的なレベルアップに結び付いています。

環境に配慮した
住まいづくり

東海建設は、全社員一丸となり環境問題と取り組んでいます。住宅部も、環境に配慮した作業プロセスに留意するのはもちろん、高い断熱性能を持った断熱材やサッシ、2×6工法を通じ、高い省エネ性能を有する住まいづくりに努めています。
冷暖房効率をアップさせ省エネ性能を高めることで、快適性向上だけでなく地球温環境にも貢献します。